臭いからクサヤ?

魚焼き機を買ってから、我が家の食卓には焼き魚がちょくちょく登場するようになりました。うーん、なんだかとっても健康的な食事! おかげで私のデブも少し解消されているみたいです(^^;) スーパーに夕飯の買い物に行くとついつい鮮魚コーナーに足が向いてしまい、今日焼く魚はなににしようかなぁと探しています。いつもサンマとかホッケとかカゴに入れてしまうんですが、昨日は違っていました。

パッと目に入ったのがクサヤ そう、巷では臭いと評判のクサヤです。そんな臭いものはスーパーに置いていないのが普通なんでしょうが、置いてあったんだからしょうがない。魚焼き機がなかったら目にとまらなかったかもしれないけど、とまってしまったからしょうがない。手にとってクンクンしてみてもぜんぜん臭さがわからない。もしかして臭いって言うけど大した事ないんじゃない? という思いがしてきました。

きっとあの魚焼き機なら臭いのも分解してくれるに違いない。酒の肴には結構なものだと聞くし、いっちょ、我が家でも焼いてみるか? 夕食後にテレビ見ながら冷えた日本酒と一緒に食べるとうまいかなぁ。すこしルンルンした気分でスーパーから帰ってきて夕食を済ませたのでした。

さて、クサヤ、クサヤ。クサヤを焼いてみよう。真空パックされた(多分こうしないと匂いがもれるんだと思う)袋をはさみで切って、切り口から指でつまみ出して、その指の匂いを嗅いでみたら………

くさーい! 本当に臭い。なにか腐ったような匂いがする。でも『焼いたら匂いもしなくなって、食べたらとってもうまいのかも』と ひたすらポジティブに考えて、思い切って魚焼き機に入れた。パック裏の説明には皮がついた方を八分、ついていない方を二分程度で弱火で焼くんだそうな。じゃ最初は片面の皮のついた方だけを8分間ぐらいやいてみるか。タイマーをグリグリ、最初はぜんぜん匂いがしなかったが待つこと5分、段々部屋中がすごい匂いになってきて、それでもじっと我慢して両面焼きで3分、うぉー、これはたまらない! 寒いけど窓を開けて換気扇をブンブン回して、チーン!焼けました。

ちょっと臭くって食べる気にならないよねぇ、もったいないけど捨てようか。580円もしたクサヤは一欠けらも口に入ることなく、ごみ袋で三重に縛られてごみ箱に行きました。寝てる間もずっと換気扇を回し続けましたが、朝起きて暖房を付けるとまたクサヤの匂いがぷ〜ん、クサヤは臭いからクサヤと呼ばれるんでしょうか? 本当においしいんですかね。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る