久しぶりの秋葉原

CONERのディスクが壊れた代わりを探すために久しぶりに秋葉原に出かけました。秋葉原は横浜からはそれほど遠い距離でもないんですが、電車で行くと疲れるので車で普段は出かけます。でも首都高速代とかいろいろ交通費もかかるし、首都高速は大抵混んでいて時間がかかるし、秋葉原内でお店を見てまわるのも疲れるので、これまではなるべく通信販売などを利用するようにしていました。今回はのんびりと通信販売で品物が届くのを待っているわけにもいかないので、仕方なく出かけていった次第です。

久しぶりの秋葉原でしたが、やっぱりいろんな部品をみるとついつい欲しくなってしまいます。まずはTWOTOPで4GBの7200回転のディスクをということでIBMのディスクを1台買いました。このディスクは黒くて四角くてアクセス音がゴリゴリという感じのまあまあよい印象のものでした。それからDOS/Vパラダイスでは32MBのEDO-SIMMを2枚買いました。だって1枚2万円ですからねぇ。ちょっと前に32MBのFPM-SIMMを29500円で通信販売で買って、結構得したなぁと思っていたのが馬鹿馬鹿しくなってしまいます。DOS/VパラダイスでAT互換機を組み立てるための細々した部品がジャンクのようにありまして、その中から空冷のファンを1つ買いました。電源はビニール線がむき出しになっていたので、二股電源ソケットも1つ買って合計1030円でした。これがピッタリ新しいマシンの排気口にあいまして(サイズを確かめたんだからあたりまえか) 実際につないでみたらすごい風量でもうケース内の温度上層を気にしなくて済みそうです。ATXのマザーボードでファンに不安を持っている人は自作でもう1個ファンをつけましょう。7200回転の熱くなるHDDを持っているならなおさらです。

それからセカンド機になってしまったMICRONのマシンですが、これにも1台モニタをつける必要があったので、思い切って21インチのモニタを探してみました。やっぱりモニタはたくさん並んでいるところで見比べて買うのが必修なのでLAOXコンピュータ館に行きました。最近はSONYがモニタに力を入れているらしくって、SONYのトリニトロンはいいぞ!と宣伝してました。私は既にNANAOのT660ijという20だか21インチだかのモニタを使っていまして、それがトリニトロン管でドットピッチが0.3mmと普通なんですが、グレーの背景では干渉縞ができるのがちょっと不満だったので、今度21インチを買うことがあったら0.30mmより細かいピッチにしようと心に決めていたので今回はトリニトロン管はパス。みtっちrっろんもちろん親戚のダイアモンドトロン管もパス。45万も円も出せば0.25mmピッチのトリニトロン管もあるんですが、そんな高いものには手が出ないし...ということで今回は普通のフラットスクリーン管でよさそうなものを探してみたら、Panasonicから安いのが出ていて、眺めていても結構いい感じだったので、とりあえず注文してきました(人気があるらしくって1ヶ月待ちだそうです)まあ、届いてみて1600x1200の画面を映してみないと何ともいえないんですがね。そういえばLAOXではたくさんモニタを展示してある野はいいんですが、全部VGA画面の信号しか食わせていないので本当に高解像度で映りが良いかどうかは賭けに出るしかありません。せめて1024x768ぐらい映していれば見当がつくんですけどね。

途中で通り雨にもあって、あまりのんびりしていられませんでしたが、やっぱり秋葉原はたまに行くと楽しいところです。買ってきた物の写真ができたら載せときますね。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る