PentiumPro200はやっぱり速い

今年の初めにCPUがPentiumPro200(以下P6-200)のマシンをGateway2000から買おうとして品物が届かなくってキャンセルしたことがありましたが、最近P6-200のマシンが安くなってきたし、海外の組み立て工場も安定稼動してきただろうと思って買って見ることにしました。

これまで使っていたMicronのマシンのマザーボードを取り替えて、メモリを128MBに増設して(もう少し待っていればもっとメモリが安く買えたのは残念だった)、CPUをP5-90からP5-133に変えて、これでも結構速くなったと思っていたんですが、P6-200でコンパイルなどしてみると、やっぱり200MHzだけあってそれなりに速いです。Windows95では大して速くならないという報道がP6-200が世の中に出始めたころに言われていましたが、それはOS全体から見た場合の話。集中的にCPUパワーを使うようなコンパイルでは結構いけます。コンパイルはターン・ターンという調子が、タン・タン・タンという感じになったと表現すれば解ってもらえるでしょうか(へんな表現ですね)

今回とってもビックリしたのは、1月頃はのろまなGateway2000だったんですが、8月29日に注文して1週間半で納品されたということです。箱に印刷されている紙などをみると、マレーシアで組み立てて持ってきているらしいですが、組み立ては9月3日に行われたらしく、5日ほどで空輸して通関したみたいです。Gateway2000もワーワー騒がれて努力したんでしょう(これが当たり前なのか? 海外から買うと大抵1ヶ月は待たされるのが普通なので)。そういえば、Gateway2000に注文する前にWebからMicronに2回注文を出したんですが、まったく音沙汰なしであきらめていました。PC WEEKによれば、マザーボードを替えたら認可がなかなか降りず、デスクトップマシンは2ヶ月のバックオーダーを抱えているそうです。1月頃にWebから注文だしたときは2日で返事が来てたので、その話は事実なんでしょう。最近日本法人を作ったというニュースも流れていましたが。

まあ、今回は馬鹿デカイCPUが乗っかった変わったボードなんで、変わった所なんかをボチボチ紹介してみようと思います。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る