気軽に『民』を使うな

あまり政治に詳しいわけではないですが、国会を解散して選挙をまたやるそうです。前に民主党とかいう政党をどっかの人が作っていましたよね。そのもっと前には社民党とかいう名前に改名した党がありましたよね。自民党という政党もありますよね。私の意見としてはあまり気安く『民』という字を使って欲しくないんですけど。ちょっと違った政党を作ったり、党名を変えている暇があったら260兆円にもなった国の借金をどうやって減らすかを考えてほしいんですけど。きっとこのページを見ている中には20〜40代の働き盛りの人が多いと思うんですが、260兆円ってどれくらいのお金だと思います? 単純に1億3千万人で割っても一人あたり260万円です。1億3千万人も税金収めている人はいないはずですから、子どもも奥さんも差し引いて500万円ぐらいですか。これだけいつかは誰かが税金で返すことになるんですが、いつになったら返済できるんでしょうね。いまの政治家の人たちの寿命が尽きる前にはなくなるような額ではないから、自分の次の代がなんとかしてくれると思っているんでしょうね。

国会解散した途端に、議員が一目散に選挙区に帰って珍しく頭下げている映像がテレビに映っていました。こういう時だけなんですよね、頭下げるのって。また当選したら何事もなかったように平然としているんだから結構楽な商売だと思います。国会の席に座って居眠りしていても給料がもらえるみたいだし。立候補するのに国家試験でも設けてそれにパスしないと立候補できないというのはどうでしょうね。任期中でも試験に不合格になると辞めなきゃいけないとか。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る