みんなデジタル出版へ?

私がWWWをアクセスしだしたのは丁度1年ほど前のことです。そのころ既にWWWは結構盛り上がっていて、私もWWWは何なのか知りたくって始めました。昔も書きましたがインプレス出版のある一人が送ってきたCD-ROMがきっかけでした。インプレス出版はどんどん面白いことを考えて実行する会社です(別にそんなにヨイショするつもりはないけど) INTERNET magazineという雑誌をいち早く作って、WWWのデータをごっそり乗せたCD-ROMを付けていました。だから紙に書いてあるURLを打ち込まなくても、CD-ROMに収められているホームページからすぐに外部にアクセスできるそれは便利なCD-ROMの使い方でした。 でも雑誌の1ヶ月というタイムラグはあまりにもインターネットスピードと比べて遅すぎるようでした。

それを感じ取ったのか分かりませんが INTERNET Watchという電子メールを使った出版も開始しました。私はすぐに気に入り勤め先の会社の課でサイトライセンス購読することにしました。 毎日届く電子メールにはインターネット上で起こるいろんな事が書いてあり、URLも書いてあるのですぐに飛んで確かめに行けます。 最初はこんな電子メールを使った出版が成功するのかと疑っていたんですが、どうやら業界はどんどんこの方向に向かっているようです。

昨日は定期購読しているソフトバンクの PC WEEK からダイレクトメールが届いてPC WEEKも電子メールで毎日配信すると案内してきました。 PC WEEKは毎週金曜日に届くので、情報は早い方なのですが、それでも遅いと感じたのか、それとも郵送を省いてコストダウンを狙っているのかもしれません。既に1週間遅れでPC WEEKの内容はWWWに登録されていて(つまり1週間経てば情報は古いので無料ということなんでしょう) この価値を上回るには毎日電子メールで配信するしかないという考えなのだと思います。

どこかでちらっと読みましたが、株式情報は10分で無料の情報になるそうです。恐ろしい世界ですねぇ。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る