どこからでも切れます

食べ物、特にお刺し身、カップラーメンなどのソースや醤油や具がついてくるものがありますよね。あの醤油の袋の切り口に『こちら側のどこからでも切れます』なんて書いてあるものを最近よく目にします。うちの妻はあの袋を切るときに受ける指の感覚が嫌いだそうで、私はいつも代わりに切ってくれと頼まれます。私は最初あれを見たときに、『へー、どこからでも切れるんだぁ、切り口を探さなくて済むから、お年寄りにはいいかもしれない』なんて思っていました。でも最近は昔の切れ目が入った物の方が良いのではないかと思いはじめました。

あの手の袋を手にしたときは本能的に指で片側を撫ぜて切り口を探すのですが、見つからないと『ん?』と思って、『こちら側のどこからでも切れます』とお年寄りには虫眼鏡でも使わなければ見えないような小さな字で書いてあるのを発見します。麺料理の途中で急いでいるときなんか、どこからでも切れます袋の方が時間がかかったりします。それにどこからでも切れると言われても、どこで切ったら一番都合がよいか、ちょっと考えなければなりません。切る場所を失敗すると、中の汁がジャーとこぼれたりして。それに大抵の場合は、切れ目が入っている方が簡単に切れます。

きっと親切な誰かが考えてくれたアイデアなんでしょうが、私はちょっと苦手です。皆さんも同じような経験はありませんか?

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る