FATドライブのロングファイル名にご注意!

この前から何回か話題になっているが、Gatewayのマシンが届かないので、あら かじめ用意していたWESTERN DIGITALの1.6GBのIDEハードディスクを今使っている、 MicronのCドライブ(1GB)と入れ替えて使うことにした。ドライブCはブートに使わ れるし、Windows95が入っているし、とっても重要なんだが、ディスクを1台眠らせ るのももったいないので、0.6GBの容量アップと1.6GBのドライブの方がチョットは 速いだろうという期待から決行することにした。まずはWindowsNTのバックアップで ドライブCとほかのドライブも念のため吸い上げて準備完了。

さて、問題はいくつかある。まず第1にマッサラの1.6GBと交換してしまったら ブートしないではないか。それにドライブDはWindowsNTが入っているので、ドライ ブCのブートにはWindows95とWindowsNTを選択して立ちあげるようにNTローダが ブートに入っている。これもなくなってしまう。Windows95のブートはSYSコマンド で転送できるのだが、NTのはどうやったら転送(元がある訳でもないみたいだから 作り直すということになるか)できるのだろう。とりあえずWindiwsNTさえ起動でき たら、あとはリストアしてなんとかなりそう。聞くところによると、WindowsNTのロ ーダはWINNT /BでWindowsNTをインストール開始して、ファイルを転送しはじめたと ころでブチッ...とリセットすれば既に書かれているらしい(すげー無謀)

まず、ディスクを交換してWindowsNTのブートフロッピから起動して、ドライブ DにWindowsNTを再インストールした。WindowsNtが動き出したらドライブCをFA Tでフォーマットして、バックアップしてあったDATからリストアした。あとは ブートがNTローダになっていないので、例のブチッ!でローダを送り込んだ。お、 何とか元どおりにWindows95も起動するようになったではないか。めでたし、めでた し。。。

でも、これで終わっては表題とぜんぜんリンクしない。そう、落とし穴がちょっ とあったんである。Windows95を使う続けるうちに、ディスクを監視していたノート ンユーティリティがドライブCに異常があると報告してきた。ディスクの修復を行 うとあんまり重要ではないが、MicrosoftPlusのデスクトップテーマとかの長い日本 語のファイル名が結構壊れている。壊れたファイル名を眺めていると、どうやら元 は半角カタカナが混じっているらしい。うーん、なんか怪しいな。

そろそろ結論に入ろう。ドライブCはWindows95が入るのでWindowsNTからFAT でフォーマットした。それからWindowsNTのバックアップソフトでリストアしたから、 ドライブCのFATに書き込んだのはWindowsNTである。ところが、Windows95が動 き出せば、そのFATドライブを扱うのはWindows95である。実はWindows95とNT にはFATに互換性に怪しいところがあるらしい。Windows95はよくショートカット ファイルに半角カタカナのファイル名を使うが、壊れているのは殆どその辺で他に は問題がない。

聞くところによれば(この情報源も、あのブチッ!を教えてくれた人物だ) Windows95とWindowsNTではFATドライブ上の日本語ロングファイル名の扱いにち ょっと互換がない部分があるそうだ。どういう場合に互換が無いかはっきりとは知 らないそうだが、とにかくそういう話はあるらしい。おー、結末まで長かったが、 Windows95とWindowsNTを両方使っている人は注意した方がいいですよ。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る