ATXマザーボードは変ってる?

今回かったGateway2000のG6-200プロフェッショナルというマシンは、ATXという新しい規格のマザーボードになっています。これに合わせて筐体の形なんかも変ってきたので、気づいたことをいくつか紹介します。

1. ファンが少ない

最初に買った486DX2-66のマシンはファンが1つ、2台目のMicronのは電源部分と前面下にファンが2つとCPUに1つあって、消費電力が大きくなってきたからファンがたくさん付いているのが普通なんだろうなぁ、と思っていたら、今度のには電源の下側に1つだけ付いています。そして、そのファンに丁度直角に当たるように、CPUの大きなヒートシンクが配置されていて、このファン1個で全部を冷やそうという考えらしいです。なんとCPUのヒートシンクにもファンはありません。これで本当に大丈夫なんでしょうか? ちょっと不安になります。 特に高速回転のディスクを増設すると熱をすごく発生するのですが、どこかにもう1つ付けた方がいいのではないでしょうか?

2. 電源スイッチが変だ

これまでメカニカルなスイッチ以外はあまり触ったことがないものですから、ソフトスイッチはちょっと変な感じを受けます。Windows95を終了させても自動で電源を切れることはありませんが(1度だけ勝手に切れたことがあります)自動で切ることも可能なようです。

3. パターンが細かい

これはP6だからという理由かも知れませんが、基盤の配線パターンが非常に細かく、最初は変な模様だなぁとよく見てみたら、びっしり線が並んでいました。内蔵ボードを抜き差しする時に引っかかないよう気を付けないと、すぐに切ってしまいそうで恐いです。

4. ターボスイッチもLEDもない

ちょっと昔の筐体にはターボスイッチとかあって、クロックを半分に落とす仕掛けがあったもんですが(クロックを落としてなんでターボかという疑問も残ります)今回はぜんぜんありません。ターボ状態を示すLEDもなくなってしまったので、SCSIのアクセスランプ代わりに利用できなくてちょっと不便です。SCSIカードにはアクセス中にLEDを光らせるための端子が用意されているんですが、ターボLEDをここに繋ぐとアクセスランプの代わりになって便利だったんですがねぇ。

5. 筐体の背が低くなった

これまでのタワーケースは高さが62cmはあったんですが、今度のはチョット低くなっています。机の下に入るか心配はなくなりましたが、タワーケースだ!という主張がなくなってチョット寂しいです。

6. 盗難防止の鍵穴があった

昔のケースには前面に鍵があって、これを回すと電源が入らないという仕掛けがありました。今度のはそういう仕掛けがなくなって、代わりにケース裏側のネジ部分に南京錠を付ける鍵穴があります。中の部品の盗難防止用らしいです。

ザットこんなところですが、また写真が上がってきたら差し込みます...

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る