PHSでインターネット

PHSの話題で、PHSとモデムを繋ぐケーブルの話がありましたが、きょう、横浜のヨドバシカメラで実物を買ってきました。

ケーブルはセルラージャックという製品名であのモデムを売っているインテグラン製とUSロボティクス製があるようですが、パッケージが違うだけで中身を同じです。値段は3480円です。他にもTDK製などが置いてありました。セルラージャックが一番安くて小さそうなんで、実験してみるのには手ごろです。

ケーブルの仕組みは簡単で一方がモジュラージャック、もう一方がステレオミニプラグのようです。テスターで抵抗を計ってみたら、ステレオミニプラグの3つの端子のうち、根元には何も接続されていなくて、2極モジュラージャックの端子間に40KΩ、ステレオミニプラグとモジュラージャック間が600Ωに調整されているようです。まあ自作しようと思えばできる程度のものです。中間に押しボタンスイッチがついていますが何に使うか良く分かりません。手動でオンフックするためでしょうか?(このボタンについて情報頂きました

早速PHSをモデムで使う設定にして、ジャックをブサリ。PHSにバンゴウ?と表示されてモデムからのトーン音を待っているようです。モジュラージャックをモデムに繋いで、いつものベッコウアメにダイアルアップ。ピポパポの音に反応してPHSには電話番号が表示されました。おー、普通の電話回線と何も操作は変わりませんね。なにかPHSのボタンを押したり特別な操作しないと電話してくれないかと思っていましたが、すごくモーバイルな気分に浸れます。これでPCカード型のPHSデジタルモデムがでたらすごく便利でしょうね。来年には出るとは聞いていますが。

さて、PHSは最高9600bpsと聞いていましたが、いきなり12000bpsで繋がりました。でもすごく回線が不安定でしょっちゅう切れます。途中からは16800bpsでも繋がるようになりましたが、リトライばかりして、ホームページがなかなか先に進みません。これじゃだめね、と無理矢理9600bpsに落として設定してダイアルアップすると遅いですが安定してホームページにアクセスできるようになりました。これでどこに行ってもネットサーフィンできます。

P.S. 三谷さんから頂いた中間のボタンに関する情報です『中間についている例の押しボタンは、ビクターの「TN−PZ3」という型のPH Sの「一押し」ボタンに相当するもの(ほかにも対応機種があるかも)で、(一押 しボタンとは、そのボタンに電話番号を登録しておけば、そこを押すだけで電話が かけられるというものです)デスクトップ機などでPHSでインターネットをして いる人などで、電話まで手を伸ばすのが面倒だという人のために作られたボタンのようです。[TN−PZ3」は、つなぐときには手動でダイヤルを押さなければい けない機種なので、そのようなボタンが付いたのかもしれません。』

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る