デジタルカメラ寸評

もう気づいている人もいると思いますが、最近の写真はデジタルカメラ(通称:デジカメと呼ぶようです)で撮っています。歳末商戦に向けて各社のデジカメが出そろったことだし、どれを買おうかなぁ、とずっとPC Watchの記事を参考にしながら検討していたんですが、私はオリンパスのC-400Lにしました。他のは触ったことないですが、一応しばらく使ってみての感想など書いてみたいと思います。

◆良い点◆

  1. 普通の全自動カメラとなにも変わらないので、初めての人でもすぐに操作が覚えられる。妻に2分も説明すれば立派に写真撮ってこられるようになった。電源がレンズカバーを開くとON、閉じるとOFFなのですごく簡単。
  2. ちょっと大きめのボディだが持ちやすいので手ぶれの心配もない。さらに不思議なことに、カメラを振りながらシャッターを切ってもなぜか手ぶれをしていない。なんでなんだろ。見分けがつかないだけなんだろうか?(参考写真:この写真はカメラを振りながら撮りました。その後の実験で通常撮影では手ぶれしないようなシャッタースピードらしいことが分かりました)
  3. 割と色がいい。解像度もホームページ用であれば640×480で十分だと思う。本当に奇麗な写真が欲しいならフィルムスキャナしかないからね。
  4. 別売りの接続ケーブルと一緒に入っている画像加工用ソフトPhotoDeluxは簡単な操作で結構奇麗に仕上げることができる。色合いの自動調整だけで結構使える画像に仕上がるから楽チン。

◆悪い点◆

  1. 他のデジカメと比べれば大きい部類に入る、だから携帯性はそれほどよくない。ズボンのポケットにも入らないくらいだから手で持って歩くかカバンに入れなければならない。
  2. 単3アルカリ電池だとあまり持たない。パッケージに付属の電池を入れたらあっという間になくなって、『これは動作確認用の電池だったんだな』と改めて新品のアルカリ電池を入れたら60枚程撮ったところでなくなってしまった。従来のニカド電池(500mA)だと100枚は軽く撮れる。多分130枚ぐらい大丈夫だと思う。電気屋で見つけてきた最新の1000mAのニカド電池だとすごくたくさん撮れる。正確な枚数はわからないが常時フラッシュを使っても200枚は軽いと思う。ニカド電池を使わないなら別売のACアダプタを買った方がいい。PCとも画像転送中も電池を使うのですぐになくなるから。(参考写真:最新のニカド電池と画像転送のケーブルです)
  3. 加工用の素材としては不向きでシャープフィルタを掛けると、縦横のノイズが現れるので、基本的に色合いの調整と縮小によるシャープ加減だけに加工はとどめた方がいい。これはC-400Lに限らず今のデジタルカメラはみんなこんなもんだろうと思うけど。
  4. 画像を転送するときの転送レートが最高57.6KBPSまでしか出ない?付属転送ソフトには115.2KBPSの選択もあるけど動いた試しがない。ま、PC側の問題かも知れないけど。

◆何ともいえない点◆

  1. 640x480サイズで20枚、320x200で80枚撮れるが、これで十分とするか少ないとするか。私はホームページ作成用と割り切ったので十分な枚数だけど。

なんだかんだ言っても結構気に入っているのが事実です。気楽に撮れて、いらないものはすぐに消せるし、面倒なフイルムの整理も気にしないでいいし。印画紙とか残ると捨てるのも惜しいし、人が映っていると罰があたりそうで捨てられないもんね。デジカメだとファイル消せば済むことだし。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る