げ!猫かよぉ

あれは6月末、私と妻は前日まで風邪で体調を崩し、今日から元気に出勤というあ る朝のこと。車で信号待ちをしていると、車外から猫の鳴き声が『み〜み〜』 『お!なんか周りで猫が泣いとる』ぐらいにしか気にしなかったのだが、 信号を過ぎて停車、でも『み〜み〜』

『妻:なんかエアコンの調子が悪いんじゃない?』
『じゃ、エアコン消してみるか』
『妻:ほら、音が消えた』

正直のところ、この辺でいやな予感がしてたんだが。暫く走って有料道路に乗って 車速は既に数十キロ。幾ら足が速くて根性ある猫でも、ここまで追いかけてはこな いだろう、というくらいなんだが、『み〜み〜』という音は聞こえてくるのである。 これは絶対に変だ、あのいやな予感がまたしてきた。

料金所横の道路公団の事務所前で車を止めて、車を降りてあたりを点検。下回りも トランクも、もちろん車内もみたけど何にも異常無し。やっぱり機械の異常なんだ ろうか、一応エンジンルームもみようとしたが、まさかこんな所に猫がいれば、ベ ルトに挟まってバラバラ.... ああ、考えたくもない! 予感というのはそう、冬場 はエンジンルームが暖かいというので、たまに猫が入り込んで、それを知らずにエ ンジン掛けたら猫が挟まって.... というのを聞いた事があったのだ。恐る恐るボン ネットを開ける...

『なーんだ何にもないじゃん。ん? なんだこの毛玉は? ん? 』

毛玉を突ついてみる。『み〜み〜み〜み〜』 がーん、これはどうも鳴き声からして 猫らしい。それがまた、頭を部品の隙間につっこんで、お尻だけ出している状態。 ちょっと引っ張ってみたけどビクともしない。今まで猫なんて飼ったことないikeは どうしていいか解らない。ただピンときたのは、『こりゃ、この場で部品解体して 救出作戦するしかないか、いまから車屋さん呼んで、部品外して、あ〜今日も会社 休みだな、こりゃ』

近くの公衆電話に行って車屋さんに電話。でも朝の7時半からいるわけないし、サ ービスセンターに電話しても全然お話中で繋がらない。やっと繋がったと思ったら 『そうですねぇ、よく猫が挟まったという話しはあるんですよ、でバラバラになっ て...』『あのね、まだ生きてるの。どうしたらいい?』 そうこうしているうちに、 妻が呼びに来て

『妻:とれたよぉ』

どうやって、引っ張りだしたのだろう、あんなに奥まで入り込んでいたのに。聞く と通り掛りのネコ好きの人が、足や手を順番に引っ張りだして3分くらいかけて救 出したらしい。ikeはその人を見ていないのだが、『まさしくあなたは神様』と思っ たのであった。取り出された猫は掌でもあまるほどの大きさで生まれて1ヶ月もし てないような感じだった。ちょっと思ったのは『おー、意外とかわいい』

それから猫と我々は会社に向かったのだが、会社に持って入れるわけでもなく段ボ ールに入れて駐車場に置いといたのだが、そろそろ梅雨も明けようとしているので、 結構車内は暑い。妻は心配して昼休みに見にいってビスケットとミネラルウォータ を差し入れて来た。ちょうど保険のおばちゃんが来たので、猫の話しをして取り敢 えず預かってもらい、出来たら引き取りても探してもらう事にして万事解決。

ところがなんかあの猫が気になるのである。車に挟まって命が助かったのだから、 なにか縁があるのだろう、もしかしたら今後のソフト開発に参考になるかもしれな い(この辺がちゃっかりしてると我ながら思う)と1週間悩んだ挙げ句、ike家で飼 う事に決定。早速保険のおばちゃんに連れて来てもらった。おばちゃんは1週間の 短い間だったが、情が移って涙ボロボロ状態である。

が、デカイ! あのミーちゃんが1週間ででかくなっている(いつからか気付かない うちに自然にミーちゃんと呼んでいた)子猫はすぐにでかくなる。すぐに病院に連 れていっていろいろ検査してもらったが、既に800グラムあった。多分救助され たときは500グラムくらいだったのだろう。

まあ、こうして我が家の猫物語が始まるんだな、これが... そのうちミーちゃんの 写真でも出来たら掲載しましょ。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る