親孝行する年になったか

あんまり大きな声では言えないのだが、7月末の前半の夏休みに実家に帰って、母 親の手術に立ち会って来た。病名は甲状腺の癌だった。医者からは2時間ぐらいで 手術は終わると告げられていたが、思ったより難しい位置に癌がいて、結局7時間 半も手術をしていた。私は待合室でメールを書きながら、でも7時間にも及ぶとは 思わなかったから、それほど返事するメールもNifty会議室のログも用意してなかっ たので、ちょっと退屈してしまったのは本当である(^_^;)

気が付けばいつの間にか親も年寄りになっていた。60何歳だったっけ? 日本の平 均余命から算出すれば、まだ15年やそこらは大丈夫なはずであるが、いざ、病気 になった親を見ると、あ、年取ったんだと実感してしまう。

いつまでも親は親と思って来たが、もう親はお年寄りと呼ばれる入り口まで来てい る。こりゃ、親孝行もサッサとしないと、孝行できずに終わってしまうかも知れな い。きっと、私と同じことをこの夏休みに感じた人も多いのではなかろうか? そう 言えば医薬品会社の新聞広告で同じ様なことを言っていた。気が付いたら親は年を 取っていたみたいな宣伝文句だったなぁ。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る