宝くじを買った。。。

今年は宝くじができてから50年だかの節目らしい(年数はよく知らない)テレビ でも宝くじの宣伝をよくしているし、新聞広告にもよく宝くじが出ていた。ある日、 新聞のチラシに宝くじの引き換え券が入っていたので、もしかしてあたるかもしれ ないと思って購入限度の50枚全部を買ってみた。

私はこれまで進んで宝くじを買ったことはない。なんでまた、そんな決断をしたか というと、ミーちゃんに関係がある。ミーちゃんは車に挟まれながらも奇跡的に助 かったラッキーキャットである。おまけに、足の裏の肉球(足の裏についているポ ヨポヨした部分のこと)が黒い。肉球が黒い猫はアメリカではラッキーキャットと 呼ばれていて珍しいそうだ。日本でも珍しいらしい。ここまでラッキーなんだから、 ミーちゃんに宝くじをそのラッキーな肉球で踏み踏みしてもらえば、きっと1億 3千万円あたるに違いない!ここまで一瞬で考えた私は即座に50枚いっぱいまで買う ことにした。

買った宝くじはベットの脇において、寝る前に「きみはラッキーキャットなんだか ら」と話し掛けながらミーちゃんに踏み踏みしてもらった。「あたったら別荘でも かって、仕事もやめて、3人で暮らそう」ほんと、ミーちゃんのようにのんびり暮ら してみたいもんである。

今日はとうとう抽選日である。12時ごろからニュースで抽選会場の模様が中継され た。私もPCの脇にあるテレビを見ていた。となりではミーちゃんが椅子に座って クークー寝ていた。「ほらほら、寝てないで、君の出番だ!」話し掛けてもミーち ゃんは起きてくれない。案の定、あたりはなかった。。。

いつのまにか、我が家は結構、猫馬鹿になっていたのだった。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る